ドゥイブス検査
新全身ドックエグゼクティブコース
マルチスライスCT脳・心臓・肺ドック+ドゥイブス検査

「ドゥイブス検査」とは

「次世代MRIにより可能となった、全身のがんを検査する新しい撮影方法」です。

❶ 被ばく、注射、食事制限が無く、検査負担が軽減

ドゥイブスPET-CTの比較表

ドゥイブス PET-CT
被ばく な し 注射薬と放射線の2重被ばく
注 射 な し 検査薬を静脈注射
食事制限 な し 検査前絶食やインスリン制限
検査時間 約30分 注射を含め約3時間
検査後の処置 な し 放射能が下がるまで待機
糖尿病患者 検査可 検査できない場合がある

❷ PET-CT検査では発見が難しかった「がん」の早期診断が可能に

ドゥイブスで診断が可能になったがん

診断が可能になったがん 早期食道がん、胃がん、 膵臓がん、肝臓・胆道系、尿路系のがん

特別価格 ▶︎ 100,000円(税抜き)


お申し込み:2018年3月31日まで

全身ドック 新エグゼクティブコース

ドゥイブス検査を加え「がん」をくまなく検査、
さらに人気のオプション検査を全て盛り込みました。

実施期間:2018年3月14日〜4月30日

検査を組み合わせ、がんの9割の早期発見を実現

当院のがん検査は、死因第1位の肺がんにはマルチスライスCT、第2位の大腸がん・第3位の胃がんには内視鏡……と各々の「がん」に最適な方法で検査を行います。さらに次世代MRIによるドゥイブス検査で全身のがんを検査。有効な検査を組み合わせる事によって、誤診が少なく精度の高い検査内容で、がん死因割合の9割以上を網羅します。

全身ドック 新エグゼクティブコースPET-CTとの比較表

※白血病の総合判定は血液検査の結果より
がん死亡順位、死因割合:厚生労働省 平成28年人口動態統計に基く
エグゼクティブコースのがん発見率:の合計
:最適 :可能 :不向き ×:不可能

冠動脈CTで心筋梗塞を直接予防

現在では画像診断の進歩により、大がかりな検査をしなくとも心疾患の早期発見が可能になっています。当院の全身ドックでは、マルチスライスCTを利用した冠動脈造影CT検査を採用。心臓を直接観察することで心筋梗塞をはじめとした心疾患の早期発見につなげます。

脳卒中の8割を防ぎます

他院で行っている通常の脳ドックはMRIによる2~3種類の撮影法なのに対し、当院の脳ドックは7種類の撮影方法で脳の状態を詳しく調べ、脳動脈瘤・隠れ脳梗塞・隠れ脳出血・アルツハイマー病など、脳のあらゆる病気を早期発見し、早期治療へと結びつけます。

100項目を超える検査+ドゥイブス

頭部 MRI/MRA 頚部 MRA 頸動脈エコー 頚椎 MRI 腰椎 MRI 頚椎 X線 心臓 CT(造影) 心臓エコー 心電図 胸部 CT 呼吸器検査 喀痰細胞診 腹部 CT 骨盤腔検査 経鼻内視鏡 大腸内視鏡(全大腸) 胃炎検査 基本検査 血圧脈波 尿一般 尿沈渣 血液検査44項目 心不全マーカー RLPコレステロール 腫瘍マーカー(基本) 腫瘍マーカー(P53) 感染症3項目 甲状腺検査 リウマチ検査 骨密度検査 画像CD 検査説明 ドゥイブス
  • 脳検査 頭部MRI(5種類:T1強調、T2強調、フレアー、拡散強調、T2スター)
    頭部MRA(脳動脈血管撮影)
    頚部検査 頚部MRA(頚動脈血管撮影)、頚部エコー(頚動脈エコー)
    脊椎検査 頚椎MRI、腰椎MRI、頚椎X線
    心臓検査 心臓CT(造影)、心臓エコー、心電図
    肺検査 胸部CT、喀痰細胞診検査、呼吸機能検査
    腹部検査 腹部CT
    骨盤腔検査 男性:(前立腺MRI)、女性:(子宮・卵巣MRI)
    消化管検査 経鼻内視鏡検査(食道・胃・十二指腸)、大腸内視鏡検査(全大腸)
    基本検査 身長、体重、BMI、視力、聴力、血圧、腹囲
    循環器検査 ABI、PWV検査(血圧脈波)
    尿検査 尿糖、尿蛋白、尿pH、尿潜血、尿ウロビリノーゲン、尿ビリルビン、尿中ケトン体、尿沈渣



    脂質代謝検査 総コレステロール、HDLコレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪、
    LDL/HDL比、non-HDLコレステロール、RLPコレステロール
    糖代謝検査 血糖、HbA1c
    肝・胆道系検査 総蛋白、総ビリルビン、TTT、ZTT、アルブミン、コリンエステラーゼ、
    GOT、GPT、γ-GTP、ALP、LDH、LAP、A/G比、直接ビリルビン
    腎臓系検査 BUN、クレアチニン、尿酸、シスタチンC、推算GFR値
    膵臓系検査 アミラーゼ
    電解質検査 Na、Cl、K、Ca、IP、Fe
    炎症反応検査 CPK、CRP
    血液検査一般 白血球数、赤血球数、ヘマトクリット、ヘモグロビン、血小板数、
    網状赤血球数、MCV、MCH、MCHC
    腫瘍マーカー検査 男性(CEA、SCC、AFP、CA19-9、シフラ、PSA)
    女性(CEA、SCC、AFP、CA19-9、シフラ、CA15-3、CA125)
    腫瘍マーカー(p53) p53抗体
    感染症検査 HBs抗原、HBs抗体、HCV抗体、梅毒TPHA、梅毒RPR
    甲状腺検査 FT3、FT4、TSH、サイログロブリン
    リウマチ検査 RF、抗CCP抗体
    心不全マーカー検査 NTproBNP
    胃炎検査 ヘリコバクターピロリ抗体、ペプシノゲン1、ペプシノゲン2、ペプシノゲン1/2比
    骨密度検査 骨密度検査
    検査画像CD MRI、CT、エコー、内視鏡
    検査説明 検査終了後、担当医から当日分かる範囲の結果をご説明します。
    ドゥイブス検査 全身MRI

通常価格600,000円 ▶︎ 500,000円(税抜き)

お申し込み:2018年3月12日まで

特別コース

マルチスライスCT 脳・心臓・肺ドック
+全身のがん検査 ドゥイブス

突然死予防の「超効率的人間ドック(2時間半)」に
ドゥイブス検査を加えた期間限定の特別コースです。

実施期間:2018年2月1日〜3月12日

「マルチスライスCT」を使用して、脳と心臓と肺を2時間半で検査する、突然死の予防に最適なコースです。 超早期の肺がんや微小な脳動脈瘤を発見し、冠動脈CTでは心筋梗塞を直接的な視点で予防につなげます。 さらに全身のがん検査を加えたお得なプランです。

マルチスライスCT

「マルチスライスCT」は、数秒で臓器を撮影し、0.5mm単位で画像をスライス、高解像度・高鮮明な画像を描出して、多方向・3D処理での診断を可能とする検査機器です。
以前よりCTは肺の診断に有効でしたが、当院が導入する機器ではさらに冠動脈(心臓自身の血管)や脳血管の撮影が可能になりました。これにより、心疾患、脳卒中など突然死の原因となる動脈硬化性疾患の検査や、今までは難しかった心筋梗塞、脳血管疾患(脳動脈瘤・くも膜下出血)の予知・予防に対処することができます。

一般診療で12日かかる検査がわずか2時間半で!
しかも、土曜日曜の検査が可能です。

もし、一般的な保険診療でこのコースと同様な精密検査を行なったらどれくらいの時間がかかるか、お教えしましょう。
【1.かかりつけ医を受診し紹介状をもらう】
【2.検査する病院を受診し検査を予約する】
【3.検査をする】
【4.検査結果を聞きに行く】

つまり、ひとつの臓器に最低4日必要になります。すると、脳、心臓、肺の3臓器だと12日が必要となる計算です。 当院が導入している「マルチスライスCT」を設置している病院は、大学病院レベルの大きな病院が多いので、通院だけでも半日から一日かかります。このコースの効率の良さが、ご理解いただけると思います。 「忙しくて時間が無く、健康管理もできていない! しかし、病気や突然死になる訳にはいかない!」という、働き盛りの責任世代に最適なコースです。

検査後のフォローも万全

病気が発見された場合は速やかに有名専門医を紹介します。 人間ドック専任のスタッフが検査後のご相談も随時対応いたします。

医療人が突然死を予防する為の検査メニューを構成しました

頭部 CT 頚部 CT 心臓 CT(造影) 心臓エコー 心電図 胸部 CT 呼吸器検査 喀痰細胞診 便潜血検査 基本検査 血圧脈波 尿一般 血液検査44項目 検査説明 ドゥイブス
  • 脳検査 頭部CT、頚部CT(脳・頚動脈血管撮影)
    心臓検査 心臓CT(造影)、心臓エコー、心電図
    肺検査 胸部CT、喀痰細胞診検査、呼吸機能検査
    消化管検査 便潜血検査(2日法)
    基本検査 身長、体重、BMI、視力、聴力、血圧、腹囲
    循環器検査 ABI、PWV検査(血圧脈波)
    尿検査 尿糖、尿蛋白、尿pH、尿潜血、尿ウロビリノーゲン、尿ビリルビン、尿中ケトン体



    脂質代謝検査 総コレステロール、HDLコレステロール、LDLコレステロール、
    中性脂肪、LDL/HDL比、non-HDLコレステロール
    糖代謝検査 血糖、HbA1c
    肝・胆道系検査 総蛋白、総ビリルビン、ZTT、アルブミン、コリンエステラーゼ、
    GOT、GPT、γ-GTP、ALP、LDH、LAP、A/G比、TTT、直接ビリルビン
    腎臓系検査 BUN、クレアチニン、尿酸、シスタチンC、推算GFR値
    膵臓系検査 アミラーゼ
    電解質検査 Na、Cl、K、Ca、IP、Fe
    炎症反応検査 CPK、CRP
    血液検査一般 白血球数、赤血球数、ヘマトクリット、ヘモグロビン、
    血小板数、網状赤血球数、MCV、MCH、MCHC
    検査説明 当日、専門医による説明が15分程度ございます
    ドゥイブス検査 全身MRI

通常価格250,000円 ▶︎ 160,000円(税抜き)

お申し込み:2018年3月11日まで

※ドゥイブス検査による「全身のがん検査」については、新型MRI導入後(3月14日〜4月30日)の検査日となります。
計2回のご来院となりますのでご了承ください。

マルチ+内視鏡ドック

ワンランク上の人間ドック

マルチスライスCT+胃内視鏡

胃内視鏡で胃がんを早期発見、胸部CTで肺がんを超早期発見、 腹部CTで腹部臓器(肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓)の病気を診断する、 ワンランク上の人間ドックです。

検査内容

心電図 胸部 CT 腹部CT 経鼻内視鏡検査(胃カメラ) ピロリ菌抗体検査 便潜血検査 基本検査 尿検査 血液検査44項目 感染症検査(3項目)
  • 心臓検査 心電図
    肺検査 胸部CT
    腹部検査 腹部CT
    消化管検査 経鼻内視鏡検査(食道・胃・十二指腸)、ピロリ菌抗体検査、便潜血検査(2日法)
    基本検査 身長、体重、BMI、視力、聴力、血圧、腹囲
    尿検査 尿糖、尿蛋白、尿pH、尿潜血、尿ウロビリノーゲン、尿ビリルビン、尿中ケトン体



    脂質代謝検査 総コレステロール、HDLコレステロール、LDLコレステロール、
    中性脂肪、LDL/HDL比、non-HDLコレステロール
    糖代謝検査 血糖、HbA1c
    肝・胆道系検査 総蛋白、総ビリルビン、ZTT、アルブミン、コリンエステラーゼ、
    GOT、GPT、γ-GTP、ALP、LDH、LAP、A/G比、TTT、直接ビリルビン
    腎臓系検査 BUN、クレアチニン、尿酸、シスタチンC、推算GFR値
    膵臓系検査 アミラーゼ
    電解質検査 Na、Cl、K、Ca、IP、Fe
    炎症反応検査 CPK、CRP
    血液検査一般 白血球数、赤血球数、ヘマトクリット、ヘモグロビン、
    血小板数、網状赤血球数、MCV、MCH、MCHC
    感染症検査 HBs抗原、HBs抗体、HCV抗体、梅毒TPHA、梅毒RPR

通常価格104,000円 ▶︎ 50,000円(税抜き)

お申し込み:2018年3月31日まで