▲TOP

  1. ホーム
  2. 人間ドック
  3. 病名から検査を探す
  4. がん検査について

がん検査について | 人間ドック 東京・八王子クリニック

病気名から検査を探す

「がん」の9割を早期発見

内視鏡

今や日本人では「2人に1人」ががんになると言われています。

がんは日本人における死因の常に最上位に位置しており、今後も増加していくと予想されている恐ろしい疾患です。しかし現在は医療の発達により、早期に発見されれば9割以上が治癒する疾患でもあります。よって健康寿命(※)を延ばす最大のポイントは、いかに早い段階でがんを見逃すことなく発見できるかということなのです。当院の全身ドック・全身がんドックコースはそれを可能とする検査内容で構成されています。

※健康寿命とは自立した生活が出来ている寿命を言います。現在、平均寿命と健康寿命の差は、男性が約9年、女性が約13年あるといわれています。


CT、MRI、内視鏡などの検査を有効に組み合わせ
「がん上位20位」を早期発見

がんの早期発見には各々に最適な検査方法があります。

がんの検査として一般的にはPET-CTがよく知られています。PET-CT検査は、撮影が1回で終わるというメリットはありますが、発見率としては胃がんや食道がんなどの不得意分野も多くあり、すべてのがんにおける早期発見は困難とされています。

各種のがんに有効な検査方法を組み合わせる事が、がんの早期発見には非常に有効です。

死因第1位の肺がんにはマルチスライスCT、第2位の胃がん・第3位の大腸がんには内視鏡と各々に最適な方法で検査を行います。5年生存率(※)ワースト1位の膵臓がん、2位の胆管・胆嚢がんは、早期発見がとても難しいために、発見された時にはすでに進行している場合がほとんどです。

各がんに最適な検査、当院 ハイクラスコースPET-CTとの比較表

 
がん死亡順位 死因割合 当院 一泊二日ハイクラスコース PET
CT
マルチスライス
CT
MRI 内視鏡検査 超音波検査 検査総合
肺がん 20.1%
大腸がん 13.4%
胃がん 12.6%
膵臓がん 8.6%
肝臓がん 7.8%
胆嚢・胆管がん 4.9%
乳房がん 3.7%
悪性リンパ腫 3.2%
食道がん 3.1%
10 前立線がん 3%
11 白血病 2.3%
12 膀胱がん 2.2%
13 口腔・咽頭がん 2%
14 子宮がん 1.7%
15 卵巣がん 1.3%
16 多発性骨髄腫 1.1%
17 脳・中枢神経 0.7%
18 皮膚がん 0.4%
19 喉頭がん 0.3%
その他 8.7%
がん発見率 43.4% 40.5% 31.4% 24.6% 89.7% 66.2%

がん死亡順位、死因割合:厚生労働省 平成27年(2015)人口動態統計に基く
ハイクラスコースのがん発見率:の合計
:最適  :可能 :不向き  :不可能

がんの検査に関連するドックコースのご案内

お申込み・お問い合わせ

  • お申込みボタン
  • お問合せ

受付時間:平日9:00〜19:00(火曜・祝日を除く)9:00〜18:00