マルチスライスCTドック

メインイメージ

コース
忙しい方にお勧めの超効率的ドック

生命維持の中心的な臓器である脳・心臓・肺を2時間半で詳細に検査します。
突然死の予防に最適なコースです。

脳・心臓・肺ドックの特徴

マルチスライスCTとは

マルチスライスCT一般的なCTの検出器が1つ(列)に対して、16(列)以上あるものをマルチスライスCTと呼びます。 検出器とは人の目に相当するものです。その数が増えるほど、微小な病変を速く、正確にとらえることができます。
当院で使用している128スライスCTは高画質で低被ばくな最新鋭のマルチスライスCTです。1回転で128スライスの画像収集を行いますので、撮影時間が短く、正確な検査が可能です。

脳 動 脈 瘤

「脳動脈瘤」はくも膜下出血による突然死の原因です。

マルチスライスCTで撮影した冠動脈の狭窄像100人に1人、脳動脈瘤があると言われており、その中の100人に1人がくも膜下出血を発症しています。つまり一万人に1人の確率でくも膜下出血が発症しています。くも膜下出血を発症すると、3人に1人が社会復帰し、3人に1人は病院に到着する前に亡くなり、3人に1人は重度の障害が残ります。くも膜下出血を未然に防ぐには脳動脈瘤の早期発見・管理が重要となります。
また、脳動脈瘤は遺伝的要素があるといわれていますので、親族にくも膜下出血の方がいる場合には注意が必要です。

心筋梗塞

働き盛りの「突然死のうち7割」が心筋梗塞です。
冠動脈CTで心筋梗塞を予防

マルチスライスCTで撮影した冠動脈の狭窄像心疾患(心筋梗塞)は日本人死因の第2位で、又働き盛りの人の突然死の7割を占めます。その内3割は前兆もなく突然に発症しています。
冠動脈CT(マルチCT)で冠動脈の狭窄の状態を把握して心筋梗塞を予防します。


肺 が ん

「肺がんの超早期発見にはマルチスライスCT!

肺がんは、胃、大腸がんに比べて患者数は少ないが、がん死因の第1位です。その理由は胃、大腸がんに比べて早期発見が難しく、発見時には既に手遅れである場合が多いからです。
一般肺がん検診の胸部単純レントゲンでは、超早期の肺がんを発見することは難しく、発見時には手遅れの場合も少なくありません。

超早期(5mm以下)の肺がん の発見が可能マルチスライスCT撮影画像

マルチスライスCTは単純レントゲンでは発見できない「5mm以下の微小病変の描出」と「3方向の画像構成」で超早期の肺がんの診断が可能です。

3方向からの撮影で 病変を見逃しませんマルチスライスCT撮影画像


超 効 率 的

一般診療で12日かかる検査がわずか2時間半で!

12日かかる検査がわずか2時間半一般的な保険診療で脳・心臓・肺の精密検査を行うには
1.かかりつけ医を受診し紹介状をもらう
2.検査する病院を受診し検査を予約する
3.検査をする
4.検査結果を聞きに行く

つまり、ひとつの臓器に最低4日必要になります。すると、脳、心臓、肺の3臓器だと12日が必要となります。 当院が導入している「マルチスライスCT」を設置している病院は、大学病院レベルの大きな病院が多いので、通院だけでも半日から一日かかります。このコースの効率の良さが、ご理解いただけると思います。 「忙しくて時間が無く、健康管理もできていない! しかし、病気や突然死になる訳にはいかない!」という、働き盛りの責任世代に最適なコースです。


脳・心・肺コース

¥180,000(税別)
所要時間:約2.5時間


午前受付 午後受付 薬服用注意あり 食事制限あり

検査項目

頭部CT(造影) 頚部CT(造影) 冠動脈CT 心臓エコー 心電図 胸部CT 呼吸機能検査 喀痰細胞診 便潜血検査 基本検査 血圧脈波 尿一般 血液検査44項目 検査説明

ご予約・お問い合わせ

TEL

人間ドックコールセンター

オンライン

  • facebook icon
  • twitter icon
  • q-life icon