最新医療機器について

マルチスライスCT検査

128マルチスライスCT検査

マルチスライスCTCT(Computed Tomography:コンピュータ断層撮影)とは、被写体の周囲からX線を照射し、得られた情報をコンピュータで処理することによって横断像(輪切り画像)として画像表示する検査です。一般的なCTの検出器が1つ(列)に対して、16(列)以上あるものをマルチスライスCTと呼びます。
検出器とは人の目に相当するものです。その数が増えるほど、微小な病変を速く、正確にとらえることができます。 当院で使用している128スライスCTは高画質で低被ばくな最新鋭のマルチスライスCTです。1回転で128スライスの画像収集を行いますので、撮影時間が短く、正確な検査が可能です。

冠動脈CTで心筋梗塞の予防

冠動脈の狭窄像その1つは、心筋梗塞の原因である冠動脈の撮影ができることです。心臓と共に拍動する小さな動脈である冠動脈(3mm)の動脈硬化を容易に評価できることは心筋梗塞の予防上、画期的なことです。それまでは、冠動脈の評価には入院や苦痛や危険が伴う心臓カテーテル検査しかありませんでした。これにより効率的な心筋梗塞の予防ができるようになりました。

がんの早期発見に役立つ

もう1つは極小さな病変を見つけられることです。肺がんはがん死因の1位です。一般検診の胸部X線では早期に見つけることが難しいのがその理由です。

マルチスライスCT

マルチスライスCTでは5mm以下の超早期の肺がんを容易に見つけることができます。また、すい臓がんも同様に早期発見が難しく治癒率の低いがんの1つですが、容易に見つけることができます。がんは早期に発見出来れば100%治せるものです。マルチスライスCTは早期がんの発見に多いに役立ちます。

大腸がん検査、大腸3D-CT

内視鏡を挿入せずに大腸を診断する新しい大腸検査方法で、日本ではまだほとんど行われていません。 米国では、15施設での約2500症例を対象としたトライアルと、約3000症例の臨床試験が行われ、有効な大腸がん検診法としてガイドラインに掲載された信頼のある検査です。 一般的な大腸がん検査は内視鏡で行われていましたが、内視鏡を挿入する為には事前に下剤の服用が必要であり、一度の検査に4時間ほどの時間が必要です。
一方、バーチャル大腸内視鏡検査では、内視鏡を挿入せず、コンピューター処理によって大腸の三次元画像を作成して大腸の腫瘍性病変などを診断する為、食事制限や下剤の苦痛が少ない検査です。炭酸ガスを注入しマルチスライスCT撮影を行います。終了後、日常生活ができます。

マルチスライスCT


冠動脈CT検査

心臓を直接観察し心筋梗塞を予防

一般の健康診断などに含まれる心電図検査や胸部レントゲン検査では、心臓そのものを直接観察してみることができないため、これまで心疾患の早期発見は難しいことでした。 しかし、現在ではCTやMRIなどの画像診断の進歩により、大がかりな検査をしなくとも心疾患の早期発見が可能になり、心臓画像診断(心臓MRI・心臓CT)では、心臓の筋肉の形状や状態はもちろん、重要な冠動脈(心臓をとりまく血管)の動脈硬化まで明瞭に映しだすことができます。 当院の心臓ドックでは、マルチスライスCTを利用した冠動脈造影CT検査を採用。心臓を直接観察する事で心筋梗塞など心疾患の早期発見に繋げます。

胸部CT検査

がん死因トップ「肺がん」の早期発見に役立つ胸部CT検査

肺がんは、胃がんや大腸がんに比べて患者数は少ないですが、全がんの死因内訳では第1位です。その理由は胃がん、大腸がんなどに比べて早期発見が難しく、見つかった時には既に手遅れである場合が多いからです。 一般の肺がん検診で行う、胸部レントゲン撮影では、早期病変を確認することが難しく、発見された時にはすでに進行がんとなっており手遅れの場合も少なくありません。マルチスライスCTでは多列化したことで格段に画像診断能力が上がり、レントゲンでは確認できない小さな病変の発見や早期のがんの確認が可能となります。

超早期(5mm以下)の肺がんの発見が可能

一般の肺がん検診では、胸部レントゲン撮影を行います。しかし、通常のレントゲン検査では早期病変を確認することが難しく、発見された時にはすでに進行がんとなっており手遅れの場合も少なくありません。
マルチスライスCTでは多列化したことで格段に画像診断能力が上がり、レントゲンでは確認できない小さな病変の発見や早期のがんの確認が可能となります。
それにより、早期発見・早期治療に繋がり生存率もさらに高くなることが期待されます。

3方向からの撮影で 病変を見逃しません

マルチスライスCT撮影画像3方向からの画像を再構成することで、より病変の見落としを防ぐことが出来ます。それにより、早期発見・早期治療に繋がり生存率もさらに高くなることが期待されます。

大腸3D-CT検査

楽で苦痛の少ない大腸がん検査、大腸3D-CT

内視鏡を挿入せずに大腸を診断する新しい大腸検査方法で、日本ではまだほとんど行われていません。 米国では、15施設での約2500症例を対象としたトライアルと、約3000症例の臨床試験が行われ、有効な大腸がん検診法としてガイドラインに掲載された信頼のある検査です。 一般的な大腸がん検査は内視鏡で行われていましたが、内視鏡を挿入する為には事前に下剤の服用が必要であり、一度の検査に4時間ほどの時間が必要です。 一方、バーチャル大腸内視鏡検査では、内視鏡を挿入せず、コンピューター処理によって大腸の三次元画像を作成して大腸の腫瘍性病変などを診断する為、食事制限や下剤の苦痛が少ない検査です。炭酸ガスを注入しマルチスライスCT撮影を行います。終了後、日常生活ができます。

楽で苦痛の少ない大腸がん検査、大腸3D-CT

● 内視鏡は挿入しません。
● 検査時間は15分。
● 痛み・苦痛が少ない。
● 鎮静剤(ねむり薬)が不要。
● 下剤は前日夜の180mlのみ!
● 当日は不要(通常の内視鏡だと、当日さらに2L服用)

大腸3D-CTの検査方法

拡張させた大腸を検査する方法です。 前日の簡単な食事制限のみ。大腸に炭酸ガスを注入しマルチスライスCTで検査します。

1.トイレに行き検査に備える。
2.肛門に細いチューブを挿入して大腸へガスを注入。
3.仰向け、うつ伏せ、横向きでそれぞれ撮影。撮影時間は10秒程度。
4.炭酸ガスは直ぐに吸収されるので、検査後の不快感が少ない。

MRI検査

MRI検査とは

最新鋭MRI検査

MRIMRIは磁気の力を利用して撮影する最先端の画像診断装置です。基本的には人体に無害と考えられてます。 多くの撮影方法が工夫されており、それらを組み合わせることで、病変の位置・大きさ・広がりだけでなく、「がん?がんで無い?」などの病変の質的診断も可能です。特に威力を発揮するのが、脳疾患、子宮・卵巣・乳房の婦人科疾患、前立腺、脊椎、神経疾患です。

ドゥイブス検査

全身のがんを検査する新しい撮影方法

ドゥイブスの原理MRIの高性能化によって可能となった「全身のがん検査」です。 同様の「全身のがん検査」を行うPET-CTと比較すると、 PET-CTは悪性腫瘍(がん)がエネルギー代謝(糖代謝)の高いことに着目し悪性腫瘍を検索するのに対し、DWIBSは悪性腫瘍が細胞密度の高い(細胞と細胞の間が狭い)ことに着目し細胞間の水の動きを元に悪性腫瘍を検索します。

脳のMRI検査

脳疾患に最適な7種類の撮影法

脳の病気、それぞれに最適なMRIの撮影方法が7種類(T1・T2・FLAIR・T2*・頚部MRA・頭部MRA・拡散強調)あります。その7種類のすべての撮影をおこなうことが脳検査では理想的です。しかし、手間と時間の問題で多くの施設では3~4種類程度を行っています。最新のMRIは撮影時間が短く私共は7種類のすべての撮影をおこない脳を詳細に検査致します。病気には必ず予兆があります、無症候性脳梗塞→脳梗塞、無症候性微小脳出血→脳出血、脳動脈瘤→くも膜下出血などです。致命的な脳疾患に繋がるどんな小さな病変(予兆)も7種類の撮影で見逃しません。

7種類のMRI撮影画像

T1強調画像、T2強調画像をセットにして撮影

体内の組織はそれぞれ固有のT1値、T2値をもっているので、その組み合わせで組織を特定することができます。たとえば、T1強調画像では水は黒く、脂肪は白く写ります。また、一般にT1強調画像では解剖学的構造を明瞭に捉えることができ、T2強調画像では多くの病変が白く写るので、病変の拾い出しに有効です。 主にT1強調画像では脂肪腫などの病変を診断します。脂肪腫、脳出血、水頭症などの判別に用いられます。また、T2強調画像では脳の萎縮など、脳の老化を診断致します。脳腫瘍全般、陳旧性脳梗塞などの判別に用いられます。

T2強調画像の撮影方法

従来、T2強調画像の撮影法としては Spine Echo (SE) という撮影法が主流でしたが、より短時間(約 4-5 分) で撮影できるFSEが最近の主流です。FSEはより巧妙な撮影法で、高速化できた詳細についてはエコートレインやK-space などのキーワードにより解説されます。SE 法と FSE 法では脂肪や出血の描出のされ方が若干異なりますが、病変の信号強度パターンはほとんど同じです。

フレアー画像(FLAIR)

Fluid Attenuated Inversion Recovery の略です。 簡単に言うと水を黒くしたT2強調画像です。脳室や脳溝に接した病変も明瞭に描出できます。 脳梗塞のMRI撮影時にはルーチン撮影法の一部として用いられています。同様の方法を使って脂肪を黒くした STIR (Short TI Inversion Recovery) という撮影法もあります。 主に無症候性脳梗塞(かくれ脳梗塞)、クモ膜下出血などの急性期の病変を診断します。無症状脳梗塞、微小脳梗塞の判別に用いられます。

拡散強調画像(DIFFUSION)

体内の拡散 (ブラウン運動) を画像化したものです。拡散の低下した場所が白く写ります。超急性期の脳梗塞を描出できるので注目されています。 最近2週間の超急性期病変を診断します。主に早期脳梗塞の判別に用いられます。

T2スター画像

新旧を問わず微小な出血を描出することができます。主に無症候性脳内出血(かくれ脳内出血)の判別に用いられます。

MRアンギオ(頭部および、頚部MRA)

MRによる血管撮影の事をいいます。CTでは血管撮影を行うために造影剤の使用は不可欠ですが、MRIでは造影剤を使用しないで血管撮影を行うことができます。主に脳動脈奇形、もやもや病、脳血管の狭窄や閉塞を診断します。

子宮・卵巣・乳房のMRI検査

子宮・卵巣・乳房の婦人科領域に最適

MRIは、子宮・卵巣ガンの診断に優れています。病気の位置・大きさ・広がりの診断だけでなく、「がん?がんで無い?」などの質的診断にも威力を発揮します。前立腺も同様です。

見られない、恥ずかしくないMRIによる子宮・卵巣の検査

一般的な子宮・卵巣の検査は、内診や超音波検査などが含まれるため「見られる」「恥ずかしい」といった理由で検査を避ける女性が多くいます。欧米の検診受診率が70%以上であるのに対して日本は20〜30%と、とても受診率が低いのが現状です。 MRI検査は、見られる・恥ずかしいといった部分を解消し、さらに病気の検出においても子宮内膜症や卵巣嚢腫などの良性のものから悪性の子宮・卵巣がんまで幅広く発見できる精度の高い検査でもあります。

乳がんのMRI検査

MRIマンモグラフィー

最近注目されているのがMRIマンモグラフィーです。一般的におこなわれているX線マンモグラフィは乳房を圧迫しておこなうため、多くの女性が不満をもっています。MRIのマンモグラフィでは、うつ伏せに寝て頂くだけで、乳房を圧迫することなく検査ができます。何の苦痛もありません。病変の発見率もX線マンモグラフィティを凌ぐものです。

X線マンモグラフィや超音波に比べ精度が高い検査

著名な医学雑誌 Lancetに掲載された2007年の論文では、早期の乳がんの検出率はX線マンモグラフィで56%、乳房MRIマンモグラフィで92%という報告があります。 既に高い受診率の検診先進国では、MRIによる乳房検査の有用性が広く認知され、乳腺疾患の診断に用いられているのが現状です。それを受けて、日本の乳がんに関するガイドラインにおいても、乳房MRI検査のエビデンスレベルがあがりました。 しかし、日本ではMRIによる乳房MRI検査を実施している医療機関はまだ少ないのが現状です。八王子クリニックでは、MRIマンモグラフィーによる、痛みが少なく、精度の高い検査を行っています。

脊椎疾患のMRI検査

脊椎疾患の検査

MRIは脊髄疾患(頚椎症、椎間板ヘルニアなど)の撮影に優れています。脊椎疾患は二足歩行の人類の宿命的な病気で、加齢ともに誰にでも大なり小なり発症します。MRIにて詳しく検査し早期に診断することで、効率的な予防、治療ができます。

内視鏡検査

内視鏡検査とは

MRI内視鏡検査とは臓器の中に先端にビデオカメラが装填されている柔らかい管(ファイバー)を挿入する検査です。口から食道、胃、十二指腸、肛門からは大腸を観察する検査で、一般には内視鏡は「胃カメラ」ともいわれています。 内腔面をおおう粘膜の変化を見つけだし、その粘膜の一部をつまみ取り(生検といいます)、その粘膜を顕微鏡で観察し、粘膜を構成する細胞が良い(良性)か、悪い(悪性=がん)かを判定することが主な目的です。つまり微少ながんを早期に発見することができる検査です。

経鼻内視鏡検査

経鼻内視鏡検査一般的な口から行われる胃内視鏡は挿入時の嘔吐反射で辛い・苦しいなど、まだまだ抵抗のある検査の一つです。 当院では嘔吐反射のない経鼻内視鏡を導入しています。嘔吐反射は下の根元である舌根を通ると起こる現象ですが、経鼻内視鏡はその舌根を通らないため、嘔吐反射が起こりにくくなっています。 経鼻内視鏡のスコープは従来の胃内視鏡の約半分の径(5.9mm)なので、鼻腔から挿入する事が可能です。よって検査中、口が塞がらないために医師との会話が可能となります。検査中いつでも医師に思いを伝えられるという安心感があります。

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡肛門から直径1.0㎝位のスコープを挿入して、ポリープ等の大腸病変を見つけたり、病変組織生検や細胞診をしたりするための検査です。 大腸がんの早期には症状のない場合が多く、発見が遅れる場合があります。しかし、大腸内視鏡検査での早期発見(ポリープのうちに切除すること)により大腸がんによって命を落す可能性をほぼゼロにすることが可能です。

超音波検査

超音波検査とは

MRI超音波のはねかえりを利用して、その反響を映像化する画像検査法で、エコー検査とも呼ばれます。痛みはほとんどありません。また、放射線の問題もなく、繰り返し行うことができる検査です。
主に心臓、脳、肝臓、膵臓、腎臓、脾臓、胆嚢、膀胱、乳房などの検査に用いられ、脂肪肝や胆石、腎結石、がんなどの病気が分かります。
超音波検査では、腫瘍などの有無だけでなく、その大きさや深達度(どのくらいの深さまで達しているか)も調べることができます。また、映し出される画像は臓器がリアルタイムで動いて見えるため、検査のための組織を採取したり、臓器の位置を確認しながら治療を行うときにも使われることもあります。

心臓超音波検査

超音波で心臓の機能を観察します。主に心臓の動きや大きさ、心筋の厚みや動き、心臓弁の機能や逆流の有無を確認します。 それにより心筋梗塞や心臓弁膜症、心不全よる心機能低下、また先天性の心臓の異常などを診断します。

頚動脈超音波検査

超音波にて頚動脈の壁の肥厚やプラーク(血管の垢)の有無を観察します。壁の肥厚は全身の動脈硬化の指標になります。 プラークの有無は脳梗塞の危険因子となります。

腹部超音波検査

超音波にて肝臓、胆嚢、膵臓、脾臓、腎臓の5臓器を中心に観察します。中でも胆石や胆嚢ポリープの観察に適しています。 その他にも肝細胞癌や肝嚢胞、肝血管腫、腎細胞癌や腎嚢胞、腎結石などが分かります。

乳房超音波検査

乳房の超音波検査で乳ガンや乳腺症、乳腺嚢胞などがわかります。 X線マンモグラフィと比較すると被ばくが無い事が利点、また若年者など乳腺の密度の濃い場合は、X線マンモグラフィティに比べ病変の検出率に優れています。

その他の検査

腫瘍マーカー検査

基本セット(男性6項目、女性7項目)
超腫瘍マーカーとは、体内のどこかに腫瘍などの病変が現れたとき、血液中に分泌される特徴的な物質のことをいいます。人間ドックでは、まずがんを発見するためのスクリーニング検査として用いられています。しかし、必ずしもがんだけで反応するとは限らず、良性病変においても数値が上昇することもあります。CTなどの画像診断や各種検査の補助的手段として利用すると効果的です。

消化器セット(6項目)
この検査では、主に消化器系の様々ながんにおいて特異性の高い腫瘍マーカーを検査します。しかし、 必ずしもがんだけで反応するとは限らず、良性病変において数値が上昇することもあります。 腹部CTなどと組み合わせると、より効果的です。

女性セット(4項目)
この検査では、主に女性特有のがんにおいて特異性の高い腫瘍マーカーを検査します。しかし、必ずしも がんだけで反応するとは限らず、良性病変において数値が上昇することもあります。

X線検査(レントゲン検査)

X線により体内の臓器をフィルムに映して調べる検査のことで、 レントゲン検査、単純X線検査とも呼ばれます。
「胸部X線検査」「腹部X線検査」などがあります。

呼吸機能検査

肺から出入りする空気の量を測って、肺の働きを調べます。 マウスピースとよばれる筒を口でくわえ、鼻をつまみ、呼吸をする簡単な検査です。 肺活量や呼気量、吸気量などを調べます。

重心動揺計検査

測定機の上で開眼時と閉眼時の身体の揺れ具合を調べるバランスの検査です。
検査時に「めまい」や「ふらつき」を感じていなくても、 近日中に起こした可能性があるかどうかまで調べる事が出来ます。
健常人データとの比較で「めまい」「ふらつき」の原因が、 内耳や平衡神経(耳鼻科領域)なのか、中枢性(脳神経領域)なのかを検査いたします。

心電図検査

心臓が動く時の電気信号(活動)を波形に表したもので、 不整脈や心筋梗塞、心肥大などがわかります。

血圧脈波検査

手足の血圧の差(ABI)で血管のつまり具合、手足の血流到達速度(PWV)の差で血管の硬さが分かります。 検査は、両手・両足首の4箇所の血圧を同時に測定するだけなので、ほとんど痛みはありません。

喀痰細胞診検査

喀痰の中の細胞を調べ、癌などを発見します。
気管支、肺から喀出される痰を顕微鏡下で観察することにより癌細胞が含まれているか否かが分かります。
特に喫煙者などによくある肺がんのうち、扁平上皮がんの早期発見を目的としていますので、喫煙者や家族に喫煙者がいる場合は有効です。

ご予約・お問い合わせ

TEL

人間ドックコールセンター

オンライン

  • facebook icon
  • twitter icon
  • q-life icon