▲TOP

  1. ホーム
  2. 人間ドック
  3. 医療機器と検査の紹介
  4. MRI検査とは?

脳、子宮・卵巣、乳がん、脊椎疾患のMRI検査についてのご案内

MRI検査とは?

最新鋭MRI検査

MRIは磁気の力を利用して撮影する最先端の画像診断装置です。基本的には人体に無害と考えられてます。
多くの撮影方法が工夫されており、それらを組み合わせることで、病変の位置・大きさ・広がりだけでなく、「がん?がんで無い?」などの病変の質的診断も可能です。特に威力を発揮するのが、脳疾患、子宮・卵巣・乳房の婦人科疾患、前立腺、脊椎、神経疾患です。


脳のMRI検査 / MRI examination of the brain    

脳疾患に最適な7種類の撮影法

脳の病気、それぞれに最適なMRIの撮影方法が7種類(T1・T2・FLAIR・T2*・頚部MRA・頭部MRA・拡散強調)あります。その7種類のすべての撮影をおこなうことが脳検査では理想的です。しかし、手間と時間の問題で多くの施設では3~4種類程度を行っています。最新のMRIは撮影時間が短く私共は7種類のすべての撮影をおこない脳を詳細に検査致します。病気には必ず予兆があります、無症候性脳梗塞→脳梗塞、無症候性微小脳出血→脳出血、脳動脈瘤→くも膜下出血などです。致命的な脳疾患に繋がるどんな小さな病変(予兆)も7種類の撮影で見逃しません。



7種類の撮影法 / Seven types of photography    

T1強調画像、T2強調画像をセットにして撮影

体内の組織はそれぞれ固有のT1値、T2値をもっているので、その組み合わせで組織を特定することができます。たとえば、T1強調画像では水は黒く、脂肪は白く写ります。また、一般にT1強調画像では解剖学的構造を明瞭に捉えることができ、T2強調画像では多くの病変が白く写るので、病変の拾い出しに有効です。 主にT1強調画像では脂肪腫などの病変を診断します。脂肪腫、脳出血、水頭症などの判別に用いられます。また、T2強調画像では脳の萎縮など、脳の老化を診断致します。脳腫瘍全般、陳旧性脳梗塞などの判別に用いられます。

T2強調画像の撮影方法

従来、T2強調画像の撮影法としては Spine Echo (SE) という撮影法が主流でしたが、より短時間(約 4-5 分) で撮影できるFSEが最近の主流です。FSEはより巧妙な撮影法で、高速化できた詳細についてはエコートレインやK-space などのキーワードにより解説されます。SE 法と FSE 法では脂肪や出血の描出のされ方が若干異なりますが、病変の信号強度パターンはほとんど同じです。

フレアー画像(FLAIR)

Fluid Attenuated Inversion Recovery の略です。
簡単に言うと水を黒くしたT2強調画像です。脳室や脳溝に接した病変も明瞭に描出できます。 脳梗塞のMRI撮影時にはルーチン撮影法の一部として用いられています。同様の方法を使って脂肪を黒くした STIR (Short TI Inversion Recovery) という撮影法もあります。 主に無症候性脳梗塞(かくれ脳梗塞)、クモ膜下出血などの急性期の病変を診断します。無症状脳梗塞、微小脳梗塞の判別に用いられます。

拡散強調画像(DIFFUSION)

体内の拡散 (ブラウン運動) を画像化したものです。拡散の低下した場所が白く写ります。超急性期の脳梗塞を描出できるので注目されています。
最近2週間の超急性期病変を診断します。主に早期脳梗塞の判別に用いられます。

T2スター画像

新旧を問わず微小な出血を描出することができます。主に無症候性脳内出血(かくれ脳内出血)の判別に用いられます。

MRアンギオ(頭部および、頚部MRA)

MRによる血管撮影の事をいいます。CTでは血管撮影を行うために造影剤の使用は不可欠ですが、MRIでは造影剤を使用しないで血管撮影を行うことができます。主に脳動脈奇形、もやもや病、脳血管の狭窄や閉塞を診断します。

子宮・卵巣・乳房のMRI検査 / MRI examination of uterus, ovary, breast    

子宮・卵巣・乳房の婦人科領域に最適

MRIは、子宮・卵巣ガンの診断に優れています。病気の位置・大きさ・広がりの診断だけでなく、「がん?がんで無い?」などの質的診断にも威力を発揮します。前立腺も同様です。

見られない、恥ずかしくないMRIによる子宮・卵巣の検査

一般的な子宮・卵巣の検査は、内診や超音波検査などが含まれるため「見られる」「恥ずかしい」といった理由で検査を避ける女性が多くいます。欧米の検診受診率が70%以上であるのに対して日本は20〜30%と、とても受診率が低いのが現状です。
MRI検査は、見られる・恥ずかしいといった部分を解消し、さらに病気の検出においても子宮内膜症や卵巣嚢腫などの良性のものから悪性の子宮・卵巣がんまで幅広く発見できる精度の高い検査でもあります。


乳がんのMRI検査 / MRI examination of breast cancer    

MRIマンモグラフィティ

最近注目されているのがMRIマンモグラフィティです。一般的におこなわれているX線マンモグラフィは乳房を圧迫しておこなうため、多くの女性が不満をもっています。MRIのマンモグラフィでは、うつ伏せに寝て頂くだけで、乳房を圧迫することなく検査ができます。何の苦痛もありません。病変の発見率もX線マンモグラフィティを凌ぐものです。

X線マンモグラフィや超音波に比べ精度が高い検査

著名な医学雑誌 Lancetに掲載された2007年の論文では、早期の乳がんの検出率はX線マンモグラフィで56%、乳房MRIマンモグラフィで92%という報告があります。
既に高い受診率の検診先進国では、MRIによる乳房検査の有用性が広く認知され、乳腺疾患の診断に用いられているのが現状です。それを受けて、日本の乳がんに関するガイドラインにおいても、乳房MRI検査のエビデンスレベルがあがりました。
しかし、日本ではMRIによる乳房MRI検査を実施している医療機関はまだ少ないのが現状です。八王子クリニックでは、MRIマンモグラフィーによる、痛みが少なく、精度の高い検査を行っています。


脊椎疾患のMRI検査 / MRI examination of spinal disease    

脊椎疾患の検査

MRIは脊髄疾患(頚椎症、椎間板ヘルニアなど)の撮影に優れています。脊椎疾患は二足歩行の人類の宿命的な病気で、加齢ともに誰にでも大なり小なり発症します。MRIにて詳しく検査し早期に診断することで、効率的な予防、治療ができます。

お申込み・お問い合わせ

  • お申込みボタン
  • お問合せ

受付時間:平日9:00〜19:00(火曜・祝日を除く)9:00〜18:00