▲TOP

  1. ホーム
  2. 人間ドック
  3. 医療機器と検査の紹介
  4. マルチスライスCT検査とは?

マルチスライスCT検査についてご案内いたします。| 人間ドック 東京・八王子クリニック

マルチスライスCT検査とは?

128マルチスライスCT検査

CT(Computed Tomography:コンピュータ断層撮影)とは、被写体の周囲からX線を照射し、得られた情報をコンピュータで処理することによって横断像(輪切り画像)として画像表示する検査です。一般的なCTの検出器が1つ(列)に対して、16(列)以上あるものをマルチスライスCTと呼びます。
検出器とは人の目に相当するものです。その数が増えるほど、微小な病変を速く、正確にとらえることができます。
当院で使用している128スライスCTは高画質で低被曝な最新鋭のマルチスライスCTです。1回転で128スライスの画像収集を行いますので、撮影時間が短く、正確な検査が可能です。


冠動脈CTで心筋梗塞の予防

その1つは、心筋梗塞の原因である冠動脈の撮影ができることです。心臓と共に拍動する小さな動脈である冠動脈(3mm)の動脈硬化を容易に評価できることは心筋梗塞の予防上、画期的なことです。それまでは、冠動脈の評価には入院や苦痛や危険が伴う心臓カテーテル検査しかありませんでした。これにより効率的な心筋梗塞の予防ができるようになりました。


がんの早期発見に役立つ

もう1つは極小さな病変を見つけられることです。肺がんはがん死因の1位です。一般検診の胸部X線では早期に見つけることが難しいのがその理由です。マルチスライスCTでは5mm以下の超早期の肺がんを容易に見つけることができます。また、すい臓がんも同様に早期発見が難しく治癒率の低いがんの1つですが、容易に見つけることができます。がんは早期に発見出来れば100%治せるものです。マルチスライスCTは早期がんの発見に多いに役立ちます。


大腸がん検査、大腸3D-CT

内視鏡を挿入せずに大腸を診断する新しい大腸検査方法で、日本ではまだほとんど行われていません。 米国では、15施設での約2500症例を対象としたトライアルと、約3000症例の臨床試験が行われ、有効な大腸がん検診法としてガイドラインに掲載された信頼のある検査です。
一般的な大腸がん検査は内視鏡で行われていましたが、内視鏡を挿入する為には事前に下剤の服用が必要であり、一度の検査に4時間ほどの時間が必要です。
一方、バーチャル大腸内視鏡検査では、内視鏡を挿入せず、コンピューター処理によって大腸の三次元画像を作成して大腸の腫瘍性病変などを診断する為、食事制限や下剤の苦痛が少ない検査です。炭酸ガスを注入しマルチスライスCT撮影を行います。終了後、日常生活ができます。

冠動脈CT検査 / Coronary artery CT examination    

冠動脈CT検査とは?

一般の健康診断などに含まれる心電図検査や胸部レントゲン検査では、心臓そのものを直接観察してみることができないため、これまで心疾患の早期発見は難しいことでした。
しかし、現在ではCTやMRIなどの画像診断の進歩により、大がかりな検査をしなくとも心疾患の早期発見が可能になり、心臓画像診断(心臓MRI・心臓CT)では、心臓の筋肉の形状や状態はもちろん、重要な冠動脈(心臓をとりまく血管)の動脈硬化まで明瞭に映しだすことができます。
当院の心臓ドックでは、マルチスライスCTを利用した冠動脈造影CT検査を採用。心臓を直接観察する事で心筋梗塞など心疾患の早期発見に繋げます。

一般の健康診断ではわからない

日本では、20歳以上で一般検診や人間ドックを受けた人の割合は64%と、過去10年間でもっとも多くなっています(2010年厚生労働省調査)。検査項目には、心電図検査や胸部レントゲン検査が含まれていますが、これらの検査では、心疾患の初期段階を詳細に診断することはできません。

胸部CT検査 / Chest CT examination    

がん死因トップ「肺がん」の早期発見に役立つ胸部CT検査

肺がんは、胃がんや大腸がんに比べて患者数は少ないですが、全がんの死因内訳では第1位です。その理由は胃がん、大腸がんなどに比べて早期発見が難しく、見つかった時には既に手遅れである場合が多いからです。
一般の肺がん検診で行う、胸部レントゲン撮影では、早期病変を確認することが難しく、発見された時にはすでに進行がんとなっており手遅れの場合も少なくありません。マルチスライスCTでは多列化したことで格段に画像診断能力が上がり、レントゲンでは確認できない小さな病変の発見や早期のがんの確認が可能となります。

超早期(5mm以下)の肺がんの発見が可能

一般の肺がん検診では、胸部レントゲン撮影を行います。しかし、通常のレントゲン検査では早期病変を確認することが難しく、発見された時にはすでに進行がんとなっており手遅れの場合も少なくありません。
マルチスライスCTでは多列化したことで格段に画像診断能力が上がり、レントゲンでは確認できない小さな病変の発見や早期のがんの確認が可能となります。
それにより、早期発見・早期治療に繋がり生存率もさらに高くなることが期待されます。

3方向からの撮影で病変を見逃しません

3方向からの画像を再構成することで、より病変の見落としを防ぐことが出来ます。それにより、早期発見・早期治療に繋がり生存率もさらに高くなることが期待されます。


大腸3D-CT検査 / Colon 3D-CT examination

楽で苦痛の少ない大腸がん検査、大腸3D-CT

内視鏡を挿入せずに大腸を診断する新しい大腸検査方法で、日本ではまだほとんど行われていません。 米国では、15施設での約2500症例を対象としたトライアルと、約3000症例の臨床試験が行われ、有効な大腸がん検診法としてガイドラインに掲載された信頼のある検査です。
一般的な大腸がん検査は内視鏡で行われていましたが、内視鏡を挿入する為には事前に下剤の服用が必要であり、一度の検査に4時間ほどの時間が必要です。
一方、バーチャル大腸内視鏡検査では、内視鏡を挿入せず、コンピューター処理によって大腸の三次元画像を作成して大腸の腫瘍性病変などを診断する為、食事制限や下剤の苦痛が少ない検査です。炭酸ガスを注入しマルチスライスCT撮影を行います。終了後、日常生活ができます。

大腸3D-CT検査の特徴

内視鏡は挿入しません。
● 検査時間は15分。
痛み・苦痛が少ない。
鎮静剤(ねむり薬)が不要。
● 下剤は前日夜の180mlのみ!
当日は不要(通常の内視鏡だと、当日さらに2L服用)

大腸3D-CTの検査方法

拡張させた大腸を検査する方法です。
前日の簡単な食事制限のみ。大腸に炭酸ガスを注入しマルチスライスCTで検査します。

大腸3D-CTの検査方法1 大腸3D-CTの検査方法2 大腸3D-CTの検査方法3 大腸3D-CTの検査方法4
検査前
1.トイレに行き検査に備える。
炭酸ガスで大腸を拡張
2.肛門に細いチューブを挿入して大腸へガスを注入。
CT撮影
3.仰向け、うつ伏せ、横向きでそれぞれ撮影。撮影時間は10秒程度。
検査終了
4.炭酸ガスは直ぐに吸収されるので、検査後の不快感が少ない。

お申込み・お問い合わせ

  • お申込みボタン
  • お問合せ

受付時間:平日9:00〜19:00(火曜・祝日を除く)9:00〜18:00