▲TOP

  1. ホーム
  2. 人間ドック
  3. 医療機器と検査の紹介
  4. 超音波検査とは?

超音波検査についてのご案内

超音波検査とは?

超音波検査

超音波(エコー)検査

超音波のはねかえりを利用して、その反響を映像化する画像検査法で、エコー検査とも呼ばれます。痛みはほとんどありません。また、放射線の問題もなく、繰り返し行うことができる検査です。
主に心臓、脳、肝臓、膵臓、腎臓、脾臓、胆嚢、膀胱、乳房などの検査に用いられ、脂肪肝や胆石、腎結石、がんなどの病気が分かります。
超音波検査では、腫瘍などの有無だけでなく、その大きさや深達度(どのくらいの深さまで達しているか)も調べることができます。また、映し出される画像は臓器がリアルタイムで動いて見えるため、検査のための組織を採取したり、臓器の位置を確認しながら治療を行うときにも使われることもあります。


心臓超音波検査

超音波で心臓の機能を観察します。主に心臓の動きや大きさ、心筋の厚みや動き、心臓弁の機能や逆流の有無を確認します。
それにより心筋梗塞や心臓弁膜症、心不全よる心機能低下、また先天性の心臓の異常などを診断します。


頚動脈超音波検査

超音波にて頚動脈の壁の肥厚やプラーク(血管の垢)の有無を観察します。壁の肥厚は全身の動脈硬化の指標になります。
プラークの有無は脳梗塞の危険因子となります。


腹部超音波検査

超音波にて肝臓、胆嚢、膵臓、脾臓、腎臓の5臓器を中心に観察します。中でも胆石や胆嚢ポリープの観察に適しています。
その他にも肝細胞癌や肝嚢胞、肝血管腫、腎細胞癌や腎嚢胞、腎結石などが分かります。


乳房超音波検査

乳房の超音波検査で乳ガンや乳腺症、乳腺嚢胞などがわかります。
X線マンモグラフィと比較すると被曝が無い事が利点、また若年者など乳腺の密度の濃い場合は、X線マンモグラフィティに比べ病変の検出率に優れています。

お申込み・お問い合わせ

  • お申込みボタン
  • お問合せ

受付時間:平日9:00〜19:00(火曜・祝日を除く)9:00〜18:00