▲TOP

  1. ホーム
  2. 当院からのお知らせ
  3. ニュース&トピックス 大腸がんについて

ニュース&トピックス

当院からのお知らせ

ニュース&トピックス

2017.06.17

ロビー

大腸がんについて

6月2日に歌手の財津和夫(69)さんが、大腸がんを患っていることを発表しました。
5月下旬に腸閉塞の治療のため入院・精密検査を受けたところ、大腸がんが見つかったそうです。

大腸がん参考症例
参考画像

大腸がんとは、長さ約2m程の臓器・大腸(盲腸・結腸・直腸・肛門)に発生するがんの事です。
日本人は、大腸のS状結腸と直腸にがんができやすいと言われ、40歳以降から急激に増加していきます。
大腸がんは、粘膜の細胞から発生した腺腫という良性のポリープの一部ががんに変化して発生したものと、正常な粘膜から直接発生するものがあります。
早期の段階では自覚症状は特になく、多い症状としては、血便、下血、腹痛、貧血、原因不明の体重減少などがあります。
中でも出現の頻度が高い血便については、痔などの良性疾患でも起こるため、大腸がんの早期発見のためには早めに病院で受診することが大切です。

大腸がんの死亡数と罹患数

1年間に大腸がんと診断された人数(罹患数:りかんすう)は、2012年では男性は約7万7千人、女性は約5万7千人であり、増加傾向にあります。 また、臓器別にみると、大腸がんは男性、女性ともに2番目に多いがんです。

罹患数(2013年)
性 別 罹患順位 人 数
男性 3位 74,881人
女性 2位 56,508人

(2015年・2013年 国立がん研究センター統計)

死亡数(2015年)
性別 がん死因順位 人数
男性 3位 26,818人
女性 1位 22,881人

2017年 男女別がん死亡率・罹患率予測

男性のがん死亡率と罹患率予測 女性のがん死亡率と罹患率予測

国立がん研究センター「2017年のがん統計予測」 に基づく

大腸がんは早期発見で100%近く完治するがんです

日本の死亡者数のうち男性では3番目、女性では2番目に多いがんである大腸がん。40歳から年を重ねるにつれて発生率が増えており、働き盛りの年代から検査をすることが大変重要となります。
大腸がんは、胃がん、乳がんなどと並んで、早期発見・早期治療によって生存率が高くなるがんの一つで、早期発見は極めて重要です。大腸がんは早期であればほぼ100%近く完治しますが、一般的には初期の大腸がんには自覚症状がほとんどなく、腹部の違和感など日常的に起こる症状が多いため、そのうちに治るなどと自己判断しがちです。

「大腸がんの検査」をメニューに含む人間ドックコースのご案内

八王子クリニックでは、大腸がんなどのがんの検査を含む人間ドックの各コースをご用意しております。
前兆や不安のある方は、お気軽にお問い合わせください。 当院の経験豊かな人間ドック専門スタッフが誠心誠意ご対応致します。

お申込み・お問い合わせ

  • お申込みボタン
  • お問合せ

受付時間:平日9:00〜19:00(火曜・祝日を除く)9:00〜18:00