理事長ご挨拶

医療と介護をひとつに

人生100年時代 終の住処は重要問題

代表取締役 井藤尚文
理事長 井藤尚文

日本の平均寿命は男女ともに80歳を超え、人生100年時代と言われています。
超高齢化の時代を迎えて、高齢者の「終の住処」は重要な問題です。
核家族化、少子化、共働き世代の増加は家族力を低下させ、高齢者の自宅での介護や看取りを難しいものにしています。


理想の終の住処とは。

ある市場調査によりますと、高齢者が「終の住処」に求めるものは、

【1】医療が身近にあること
【2】行き届いた介護が受けられること
【3】家族や友人が訪ねて来てくれること
【4】経済的負担が少ないこと

の4つを挙げています。

医療と介護は一つのもの。

もともと医療と介護は切れ目のないひとつのものでした。医療費の合理化を目的に2000年に介護保険制度が制定され、介護は医療から切り離されました。

医療と介護を一つのものに戻す。

私どもは、まず引き離された医療と介護をひとつのものに戻すことから発想し、高齢者が「終の住処」に求める4つの要望を満たすように「シルバーヒルズ八王子」を造りました。

病院の上に住もう!

クリニックと直結「シルバーヒルズ八王子」は同じ建物内に病院と介護事業所があり、24時間の医療と介護サービスの提供が可能です。居室の契約は一般的な賃貸住宅と同じです。自由に家族や友人が訪問でき、また高額な入所金なども不要です。 種々さまざまな高齢者の施設や住宅があるなか、皆さま方の「終の住処」の選択肢のひとつとして、「シルバーヒルズ八王子」をご検討いただければ幸いです。

株式会社斗南堂 代表取締役
井藤 尚文

  • facebook icon
  • twitter icon
  • q-life icon