脂肪腫(リポーマ)

メインイメージ

臨床症状や画像検査を基に診断

脂肪腫の日帰り手術は15〜30分。

脂肪腫について

脂肪腫とは

脂肪腫(リポーマ)とは、いわゆる「脂肪のかたまり」で脂肪細胞から構成される良性の柔らかい腫瘍で、一般的なできものです。単発性腫瘍ですが、稀に多発することがあります。

粉瘤

症 状

皮膚がドーム状に盛り上がり柔らかいしこりとなります。皮膚との癒着はなく、痛みが起こることはほとんどありませんが、神経を圧迫する場所にできると痛むことがあります。サイズは1㎝ほどのものから10㎝を超えるものまであります。 多くは表皮や真皮の下にある皮下脂肪組織にでき、稀に多発することがあります。

原 因

発生の原因はまだわかっていませんが、刺激を受ける場所にできやすい傾向があります。成熟した脂肪細胞は増殖しませんが、毛細血管の周囲に残る未分化の細胞が何らかのきっかけで脂肪細胞に分化して増殖し、脂肪腫となります。80%近い脂肪腫が染色体異常を持っていることから、成人後も残っている未分化細胞が遺伝子異常によって脂肪細胞に分化・増殖すると考えられています。

治療方法

治療方法は臨床症状や画像診断を行い、切開手術によって摘出します。

手術の流れ

脂肪腫手術の流れ1
印をして局所麻酔を行います。
脂肪腫手術の流れ2
脂肪腫の3分の2の長さを切開します。
脂肪腫手術の流れ3
指とピンセットで優しく摘出します。
脂肪腫手術の流れ4
しっかりを止血を行い縫合します。

手術時間:15分〜30分

手術費用:脂肪腫の手術は健康保険が適用されます。

受付時間のご案内

診療受付
午前10時〜12時30分 ○ 休み ○ ○ ○ ○ △ 休み
午後16時〜17時30分 ○ 休み ○ ○ ○ ○ 休み 休み

△ 日曜日の診療は第1・第3日曜日の午前

診療日のご案内

Calendar Loading

は休診日

お問い合わせ

TEL

八王子クリニック本院

  • facebook icon
  • twitter icon
  • q-life icon