▲TOP

  1. ホーム
  2. 人間ドック
  3. 全身ドック

全身ドックの特徴について | 人間ドック 東京・八王子クリニック

全身ドックとは?

全身ドックとは、先進医療機器を使用し全身を検査する人間ドックです。
生活習慣病(メタボ)の診断から、心筋梗塞脳卒中、そして がんの9割を早期に発見します。
全身をくまなく検査したい方にお勧めです。

ポイント1 が ん / Cancer        

がんで死亡

2人に1人」ががんになり、
3人に1人」ががんで亡くなります。

今や日本人の「2人に1人」ががんになり、「3人に1人」ががんで亡くなると言われています。がんは日本人における死因の最上位に位置しており、今後も増加していくと予想されている恐ろしい疾患です。しかし現在は医療の発達により、早期に発見されれば9割以上が治癒する疾患でもあり、最大のポイントは、いかに早い段階でがんを見逃すことなく発見できるかということなのです。


検査を組み合わせ、がんの9割早期発見を実現

がんの検査として一般的に知られてるPET-CTは、撮影が1回で終わるというメリットはありますが、胃がんや食道がんなど不得意とするがんもあります。
そこで、当院のがん検査は、死因第1位の肺がんにはマルチスライスCT、第2位の大腸がん・第3位の胃がんには内視鏡と各々の「がん」に最適な方法で検査を行います。 このように、有効な検査を組み合わせる事によって、がん死因割合の9割を網羅する検査内容を実現しました。

各がんに最適な検査、当院 ハイクラスコースPET-CTとの比較表

 
がん死亡順位 死因割合 当院 一泊二日ハイクラスコース PET
CT
マルチスライス
CT
MRI 内視鏡検査 超音波検査 検査総合
肺がん 20.1%
大腸がん 13.4%
胃がん 12.6%
膵臓がん 8.6%
肝臓がん 7.8%
胆嚢・胆管がん 4.9%
乳房がん 3.7%
悪性リンパ腫 3.2%
食道がん 3.1%
10 前立線がん 3%
11 白血病 2.3%
12 膀胱がん 2.2%
13 口腔・咽頭がん 2%
14 子宮がん 1.7%
15 卵巣がん 1.3%
16 多発性骨髄腫 1.1%
17 脳・中枢神経 0.7%
18 皮膚がん 0.4%
19 喉頭がん 0.3%
その他 8.7%
がん発見率 43.4% 40.5% 31.4% 24.6% 89.7% 66.2%

がん死亡順位、死因割合:厚生労働省 平成27年(2015)人口動態統計に基く
ハイクラスコースのがん発見率:の合計
:最適  :可能 :不向き  :不可能

ポイント2 心 筋 梗 塞 / Myocardial infarction   

働き盛りの突然死のうち7割を占めるのは心筋梗塞です。

心筋梗塞は、働き盛りの突然死のうち7割を占めており、日本人の死因第2位でもあります。そのうち3割は前兆のないまま発症し、そのまま死に至るといわれている危険な病気です。加えて、心疾患は知らない間に進行し重症化することが多く、自分が健康であると自覚している人でも、心疾患の徴候が隠れている場合があり、通常の一般検診や人間ドックで初期の心疾患を発見することが非常に難しい病気でもあるのです。

当院の全身ドックでは、マルチスライスCTを利用した冠動脈造影CT検査を採用。 心臓を直接観察する事で心筋梗塞をはじめとした心疾患の早期発見に繋げます。


冠動脈CTで心筋梗塞直接予防

冠動脈CTとは?

一般の健康診断などに含まれる心電図検査や胸部レントゲン検査では、心臓そのものを直接観察してみることができないため、これまで心疾患の早期発見は難しいことでした。

しかし、現在ではCTやMRIなどの画像診断の進歩により、大がかりな検査をしなくとも心疾患の早期発見が可能になり、心臓画像診断(心臓MRI・心臓CT)では、心臓の筋肉の形状や状態はもちろん、重要な冠動脈(心臓をとりまく血管)の動脈硬化まで明瞭に映しだすことができます。

一般の健康診断ではわからない

日本では、20歳以上で一般検診や人間ドックを受けた人の割合は64%と、過去10年間でもっとも多くなっています(2010年厚生労働省調査)。検査項目には、心電図検査や胸部レントゲン検査が含まれていますが、これらの検査では、心疾患の初期段階を詳細に診断することはできません。


ポイント3 脳 卒 中 / Cerebral apoplexy   

脳卒中発症後

脳卒中で社会復帰できるのは「3人に1人」です。
3人に1人は亡くなり、3人に1人は後遺症が残ります。

脳卒中は突然死の一因であり、がん・心筋梗塞に次いで日本人の死因の3位の原因となっている病気です。発症すると、3割の方は病院に到着する前に亡くなり、残りの3割の方も、重い後遺症が残りその後の生活が一変する事もある恐ろしい病気です。また寝たきりや認知症の主な原因でもあり、「発症してから」の治療では遅く、「発症を防ぐための予防」が重要なのです。


7種類MRI撮影法を行い、脳卒中の8割を防ぎます。

7種類の撮影方法

他院で行っている通常の脳ドックはMRIによる2~3種類の撮影法なのに対し、当院の脳ドックは7種類の撮影方法で脳の状態を詳しく調べ、脳動脈瘤・隠れ脳梗塞・隠れ脳出血・アルツハイマー病 など、脳のあらゆる病気を早期発見し、早期治療へと結びつけます。

また、いかに素晴らしい検査機器が導入されていても、画像を診断する医師の能力が低ければ意味がありません。当院では、経験豊富な脳神経外科専門医が皆さまの検査結果を読影診断し、直接結果をご説明させていただきますので安心です。