ジ オ ン 注 射

切らずに注射で治療

ジ オ ン 注 射

年間1,000件の実績

ジオン注射とは

ジオン注は内痔核硬化剤で、注射することで内痔核を硬化させ、脱出や出血などの症状を改善する薬剤です。 ジオン注は効果に持続性があり、根治が期待できる治療法です。

ジオン注射の効果ジオン注射の効果

ジオン注射は内痔核治療法研究会の認定を受けた医師のみが行う事が出来ます。当院では、担当医師全員がこの資格を有し、年間1000件以上の治療実績が有ります。

成分名からアルタ(ALTA=Aluminum Pstassium Sulfate Hydrate Tannic Acid) とも呼ばれます。
商品名は「ジオン注®」になります。

ジオン注射の起源

中国の史兆岐教授らが1971年に開発した「消痔霊」という薬剤がもとになっています。1979年に日本にも紹介され、その効果に対して高い評価を得て、日本での治験等を行い、2005年に日本で添加剤の一部を改良し発売したものが「ジオン注®」です。

メリットとデメリット

ジオン注射のメリット
1 従来なら手術の適用であった内痔核を治療できる。
2 痛みや出血がほとんどない。
3 抗凝固薬や抗血栓薬を服用中でも、休薬せずに治療ができる。
4 手術治療と併用できる。
5 効果に比べ副作用が極めて少ない(私観)。
6 健康保険の適用である。
7 日帰り治療で行える。
ジオン注射のデメリット
1 進行した内痔核には十分な効果が出ない。
2 発熱や肛門の違和感、排便がしにくいなどの副作用が一時的に現れることがある。
3 比較的新しい治療法なので、20年30年といった長期成績のデータがない。
4 肛門管内外痔核に対して効果が少ない。
5 外痔核には使用できない。
ジオン注射を受けられない方
1 妊娠中 6 潰瘍性大腸炎
2 授乳中 7 透析治療中
3 妊娠の可能性がある 8 嵌頓痔核
4 小児 9 外痔核
5 前立腺がんで放射線治療の既往がある 10 全身状態が不良

治療スケジュール

午前のジオン治療

午前の手術
8:00 来 院
準 備
(着替え等)
ジオン注射
安 静
(個室で3〜4時間程)
12:00 〜 13:00 帰 宅

午後のジオン治療

午後の手術
12:30 来 院
準 備
(着替え等)
ジオン注射
安 静
(個室で3〜4時間程)
16:00 〜 17:00 帰 宅

ジオン注射後の通院

手術後の通院
翌 日 通 院
1週間後 通 院
3週間後 通 院
7週間後 通 院

費 用

ジオン注射は健康保険内の治療となります。3割負担の患者様の費用は3万円前後です。

保 険 診 療
ジオン注射(3万円前後)
内痔核(切除病変が一箇所)
裂肛(肛門狭窄なし)
単純痔瘻
外痔核
費用:2〜5万円(3割負担)

受付時間のご案内

診療受付
午前10時〜12時30分 ○ 休み ○ ○ ○ ○ 休み 休み
午後15時〜17時30分 ○ 休み ○ ○ ○ ○ 休み 休み

診療日のご案内

Calendar Loading

は休診日

担 当 医 表

予約

地 図

新宿三丁目駅C5出口から徒歩0分
平生ビル6F

ご予約

八王子クリニック新宿 八王子クリニック新宿

予約

お問い合わせ

  • facebook icon
  • twitter icon
  • q-life icon