ワクチンの効果がわかる
血中抗体検査+20%OFF


お申込み期間:10月31日まで

新型コロナ 血中抗体検査

《ワクチンの効果がわかる、スパイク蛋白抗体(中和抗体)検査》


抗体は新型コロナウイルスに結合して、ヒトの細胞への侵入を防ぎます。
血中の抗体価を知ることは、社会生活の大きな安心に繋がります。

コロナウイルス抗体検査イメージ


この検査は新型コロナワクチン接種後に免疫を獲得しているかどうかを調べます。
(ロシュ社製:Elecsys® Anti-SARS-CoV-2 S)
※ワクチン2回接種後、14日以降の検査を推奨します。
※ワクチン未接種の方には、過去の感染による抗体の有無を調べる検査をご用意しています。

ドゥイブス(DWIBS)検査

DWIBS=Diffusion-weighted Whole body Imaging with Background body Signal

ドゥイブスとはPET-CTのように全身のがんを撮影する新しい検査法です。

DWIBSPET-CTの比較表

DWIBS PET-CT
注 射 な し 検査薬を静脈注射
食事制限 な し 検査前絶食やインスリン制限
X線によるダメージ な し 注射薬と放射線の2重被ばく
検査時間 約30分 注射を含め約3時間
検査後処置 な し 放射能が下がるまで待機
糖尿病患者 検査可 検査できない場合がある
※腹部臓器の検査精度を向上させるために食事制限をお願いすることがあります。

DWIBSPET-CTのがん診断比較表

各臓器に適した検査とがん発見率
:最適  :可能 :不向き ×:不可能
死亡順位は厚生労働省「令和元年(2019)人口動態統計」 に基づく
比較は当院での撮影に基づく

がんを早期診断。さらにがん以外の疾患も。

がん診断コースでは、これまで発見が難しかった早期食道がん、大腸がん、膵臓がん、肝臓・胆道系、尿路系のがんも、早期発見が可能です。
フル読影コースでは、前がん病変(がんになる前の状態)や、がん以外の良性疾患もドゥイブス検査で知ることができます。(脊椎、肝臓、腎臓、膵臓、子宮、卵巣、前立腺疾患など)

PLAN1

血中抗体検査

全身ドック

エグゼクティブコース

メインイメージ

100項目以上の検査で全身を多角的に評価し、病気の早期発見将来の病気の可能性を正確に判定します。


全身ドックの特徴

全身と臓器別のがん検査

全身がん検査と臓器別がん検査

ドゥイブスと最適な検査

がん死亡順位と最適な検査
死亡順位:厚生労働省「令和元年(2019)人口動態統計」 に基づく

検査内容

頭部MRI/MRA 頚部MRA 頸動脈エコー 認知症検査 認知症検査(MCI) 頚椎MRI 腰椎MRI 頚椎X線 冠動脈CT 心臓エコー 心電図 ドゥイブス(フル読影) 胸部CT 呼吸器検査 喀痰細胞診 腹部CT 腹部MRI(MRCP) 乳がん検査 前立腺 子宮・卵巣MRI 経鼻内視鏡 大腸3D-CT ピロリ菌検査 基本検査 血圧脈波 尿一般 尿沈渣 血液検査44項目 ロックスインデックス 心不全マーカー RLPコレステロール 腫瘍マーカー(基本) 腫瘍マーカー(P53) 腫瘍マーカー(消化器) 感染症3項目 甲状腺検査 リウマチ検査 骨密度検査 画像CD 検査説明

新型コロナ血中抗体検査

女性 ¥627,000 ¥501,600(税込)
所要時間:7時間

男性 ¥605,000 ¥484,000(税込)
所要時間:6.5時間


●男性コースに乳がん検査は含まれません。

お申し込み期間:10月31日まで
※5%割引対象外



PLAN2

血中抗体検査

ドゥイブス フル読影

脳・心臓・肺コース

乳がん特別プラン

日本人の死因上位である《がん・心筋梗塞・脳卒中》を中心に「突然死リスク」を短時間で効率的に検査します。

脳 動 脈 瘤

「脳動脈瘤」はくも膜下出血による突然死の原因です。

100人に1人、脳動脈瘤があると言われており、その中の100人に1人がくも膜下出血を発症しています。つまり一万人に1人の確率でくも膜下出血が発症しています。くも膜下出血を発症すると、3人に1人が社会復帰し、3人に1人は病院に到着する前に亡くなり、3人に1人は重度の障害が残ります。くも膜下出血を未然に防ぐには脳動脈瘤の早期発見・管理が重要となります。
また、脳動脈瘤は遺伝的要素があるといわれていますので、親族にくも膜下出血の方がいる場合には注意が必要です。

心筋梗塞

働き盛りの突然死で最も多い原因は心筋梗塞です。
冠動脈CTで心筋梗塞を予防

心疾患(心筋梗塞)は日本人死因の第2位で、働き盛りの人の突然死で最も多く、その内3割は前兆もなく突然に発症しています。
冠動脈CT(マルチCT)で冠動脈の狭窄の状態を把握して心筋梗塞を予防します。


肺 が ん

肺がんは、胃、大腸がんに比べて患者数は少ないが、がん死因の第1位です。その理由は胃、大腸がんに比べて早期発見が難しく、発見時には既に手遅れである場合が多いからです。
肺がん検診の胸部単純レントゲンでは、超早期の肺がんを発見することは難しく、発見時には手遅れの場合も少なくありません。


3方向からの撮影で超早期(5mm以下)の病変を見逃しません。

マルチスライスCT回転画像 マルチスライスCT撮影画像
マルチスライスCT回転画像 マルチスライスCT撮影画像
48歳 男性 肺がん マルチスライスCT画像

検査内容

頭部CT(造影) 頚部CT(造影) 冠動脈CT 心臓エコー 心電図 胸部CT 呼吸機能検査 喀痰細胞診 便潜血検査 基本検査 血圧脈波 尿一般 血液検査44項目 検査説明 新型コロナ血中抗体検査 ドゥイブス(フル読影)

¥341,000 ¥272,800(税込)
所要時間:約3時間

お申し込み期間:10月31日まで
※5%割引対象外

PLAN3

血中抗体検査

ドゥイブス フル読影

選べる検査コース

メインイメージ

全身のがんスクリーニング検査に加えて「脳卒中」「肺がん」「乳がん」に特化した検査を合わせて実施します。


脳ドックコース

7種類のMRI撮影で隠れ脳梗塞や隠れ脳出血も発見!

7種類のMRI撮影方法を行ない、様々な脳疾患に最適な撮影を行ない詳しく検査します。脳動脈瘤、隠れ脳梗塞、隠れ脳出血、アルツハイマー病 、脳腫瘍などを早期発見し、早期治療へと繋げます。

7種類の
撮影方法

FLAIR T1 拡散強調
隠れ脳梗塞 硬膜下出血 脳梗塞
隠れ脳梗塞 硬膜下出血 脳梗塞
T2スター T2 頭部MRA 頚部MRA
隠れ脳出血 脳腫瘍 脳動脈瘤 頚動脈狭窄
隠れ脳出血 脳腫瘍 脳動脈瘤 頚動脈狭窄

検査内容

頭部MRI/MRA 頚部MRA 新型コロナ血中抗体検査 ドゥイブス(フル読影)

¥178,750 ¥143,000(税込)

お申し込み期間:10月31日まで
※5%割引対象外


肺がんCTコース

3方向からの撮影で超早期(5mm以下)の病変を見逃しません。

マルチスライスCTは単純レントゲンでは発見できない「5mm以下の微小病変の描出」と「3方向の画像構成」で超早期の肺がんの診断が可能です。

マルチスライスCT撮影画像
マルチスライスCT回転画像 マルチスライスCT撮影画像


検査内容

胸部CT 新型コロナ血中抗体検査 ドゥイブス(フル読影)

¥178,750 ¥143,000(税込)

お申し込み期間:10月31日まで
※5%割引対象外


乳がんMRIコース

着衣のまま乳房を圧迫しない乳がん検査

  • Tシャツを着たままで撮影ができます。
  • 乳房を圧迫しません。
  • 従来のMRIマンモグラフィーのような造影剤は使用しません。

乳がん検査



検査内容

乳がん検査 新型コロナ血中抗体検査 ドゥイブス(フル読影)

¥178,750 ¥143,000(税込)

お申し込み期間:10月31日まで
※5%割引対象外

ご予約・お問い合わせ

TEL

人間ドックコールセンター

042-660-8846

オンライン

LINEからお申し込み

TEL

スマートフォンのみ LINEアプリから簡単予約

  • facebook icon
  • twitter icon
  • q-life icon