▲TOP

  1. ホーム
  2. 人間ドック
  3. 医療機器と検査の紹介
  4. 内視鏡検査

内視鏡検査について

内視鏡検査とは?

内視鏡

内視鏡検査

内視鏡検査とは臓器の中に先端にビデオカメラが装填されている柔らかい管(ファイバー)を挿入する検査です。口から食道、胃、十二指腸、肛門からは大腸を観察する検査で、一般には内視鏡は「胃カメラ」ともいわれています。
内腔面をおおう粘膜の変化を見つけだし、その粘膜の一部をつまみ取り(生検といいます)、その粘膜を顕微鏡で観察し、粘膜を構成する細胞が良い(良性)か、悪い(悪性=がん)かを判定することが主な目的です。つまり微少ながんを早期に発見することができる検査です。


経鼻内視鏡検査

内視鏡

一般的な口から行われる胃内視鏡は挿入時の嘔吐反射で辛い・苦しいなど、まだまだ抵抗のある検査の一つです。
当院では嘔吐反射のない経鼻内視鏡を導入しています。嘔吐反射は下の根元である舌根を通ると起こる現象ですが、経鼻内視鏡はその舌根を通らないため、嘔吐反射が起こりにくくなっています。
経鼻内視鏡のスコープは従来の胃内視鏡の約半分の径(5.9mm)なので、鼻腔から挿入する事が可能です。よって検査中、口が塞がらないために医師との会話が可能となります。検査中いつでも医師に思いを伝えられるという安心感があります。


内視鏡

大腸内視鏡検査

肛門から直径1.0㎝位のスコープを挿入して、ポリープ等の大腸病変を見つけたり、病変組織生検や細胞診をしたりするための検査です。
大腸がんの早期には症状のない場合が多く、発見が遅れる場合があります。しかし、大腸内視鏡検査での早期発見(ポリープのうちに切除すること)により大腸がんによって命を落す可能性をほぼゼロにすることが可能です。



お申込み・お問い合わせ

  • お申込みボタン
  • お問合せ

受付時間:平日9:00〜19:00(火曜・祝日を除く)9:00〜18:00