痔の種類と対応

メインイメージ

痔ってどんな病気?

お尻の周辺の病気を総称して、「痔」と呼びます。「痔」は二足歩行する人類の宿命的な病気です。 痔に悩む人は3人に1人と言われ、症状に出ない方まで含めると、成人の半数が痔であると考えられています。
痔には、内痔核・外痔核・裂肛・痔瘻 の4つの種類があります。 それぞれの病態や対応についてご説明します。

内痔核・外痔核・裂肛・痔瘻

痔の種類

お尻の解剖図

お尻の解剖図

内痔・外痔静脈叢:静脈が網目状に広がっていて、肛門のクッション部分
括約筋:肛門をしめている筋肉
歯状線:直腸と肛門のさかいめ
肛門陰窩:直腸と肛門の繋ぎ目にあるくぼみ

① 内痔核(いぼ痔)

内痔核とは直腸、肛門部に「うっ血による腫瘤(しこり)」をつくったものです。排便時の痛みや出血 、進行すると脱出(脱肛)します。
うっ血の原因は下剤や便秘、妊娠出産、長時間の立ちっぱなし、座りっぱなしなどです。
内痔核は4段階に分類されます。加えて、特別な状態の内痔核として嵌頓痔核があります。

嵌頓痔核

内痔核が腫れ上り脱出したままの状態のものです。無理な排便などで突然起こります。激しく痛みます。
治療法は段階により異なります。1度は薬、2度はジオン注射単独、3・4度、嵌頓痔核は手術とジオン注射の併用です。

内痔核の分類表

1度
内痔核1度 ・痔核の脱出はない。
・痛みはなく、排便時に出血することが多い。
2度
内痔核2度 ・排便時に脱出するが、自然ともどる。
・出血があり、痛みも出てくる。
3度
内痔核3度 ・脱出して、指で押し込まないと戻らない。
・出血があり、痛みも出てくる。
4度
内痔核4度 ・指で押し込んでももどらない。
・固くなって痛みも出血もなくなる。
・粘液がしみ出して下着が汚れる。

痔核の急性期 主な症状

嵌頓(かんとん)痔核
嵌頓痔核 ・痔核内に血栓が多くでき、嵌頓状態
(脱出して腫れ、もどらなくなる)となり、激しく痛む。
※ 3度以上が手術の適応です。

② 外痔核(いぼ痔)

外痔核(いぼ痔)痛みの為に排外痔核とは肛門外縁に「血栓(血の塊)による腫瘤(しこり)」をつくったものです。 原因はは硬い便や太い便、長時間の立ちっぱなし、座りっぱなしなどで、肛門の縁の血管が破けで血栓(血の塊)ができます。 症状は突然の肛門部の腫れ(しこり)と痛みで、2週間程度で腫れはひきます。腫れ(血栓)が破けてし出血 することがありますが治癒の過程のものです。心配ありません。

③ 裂肛(切れ痔)

裂肛(切れ痔)痛みの為に排便を抑えるようになり、便秘になります。 こうなると傷が慢性化して肛門潰瘍となり、肛門が狭くなってしまいます。 そしてますます便が通りにくくなり、傷がひどくなるといった悪循環を繰り返します。 排便時と、その後もしばらく痛みが続きます。 出血は紙につく程度ですが、排便後もジーンとした痛みがつづくようなら肛門狭窄の徴候があり手術の適応です。

④ 痔瘻(あな痔)

痔瘻(あな痔)肛門の中と外が瘻管(トンネル)で繋がったものです。定期的に化膿し、腫脹→痛み→排膿を繰り返します。 原因は下剤、飲酒、香辛料の取りすぎで、肛門が炎症をおこし化膿してしまいます(肛門周囲膿瘍)。膿が出て、肛門の中と外とつながり痔瘻となります。 痔瘻は自然に治ることはありません。腫脹→痛み→排膿を繰り返し広がります(複雑化)、長期になるとがん化することもあります。 痔瘻の治療は、手術が原則です。

当院での対応

日帰りで手術が可能

当院では、内痔核(いぼ痔、脱肛)、裂肛については、他院で入院手術が必要と判断されたものでも、すべて日帰り手術で行えます。
※一部の痔瘻については入院治療を勧めることもあります。

24時間365日電話でフォロー

手術後は24時間365日 電話による相談を行っています。担当医師と連絡がとれます。

再発保証

3年以内に再手術が必要な再発をしたら、無償で手術を行います。

診療時間のご案内

  
診療時間
午前10時〜12時30分 ○ 休み ○ ○ ○ ○ △ 休み
午後16時〜19時 ○ 休み ○ ○ 休み ○休み 休み

土曜日の診療時間は17時30分まで
△ 日曜日の診療は第1・第3日曜日の午前

診療日のご案内

Calendar Loading

は休診日

  • facebook icon
  • twitter icon
  • q-life icon