痔の予防法について

メインイメージ

日ごろの生活で痔を予防するためのポイント
万全のケアで受診いただけます

日ごろの生活で痔を予防するポイントをご紹介します。 毎日の生活習慣の工夫により、未然に痔を防ぐことや改善することができます。

痔の予防法

毎日お風呂に入り温まること

痔の予防法 毎日お風呂に入り温まることお風呂に入ることは痔の自己予防法として効果的なものの1つです。肛門周囲の血行が良くなるだけでなく、肛門が清潔に保たれます。また肛門括約筋もリラックスして、痔核と裂肛に大変効果があります。毎日の入浴を習慣にしたいものです。ただし、急性期の痔瘻や肛門周囲膿瘍は、温めると炎症が進み逆効果となるのでご注意ください。

排便後は肛門を清潔にする

排便後は肛門を清潔にする肛門が清潔であることは大切です。肛門周囲炎やびらんの原因になるからです。排便後は紙で拭くだけでは、肛門のシワやくぼみの中に便をすりこんでしまいます。さらに、皮膚が刺激されて、痔の症状をひどくしてしまいます。排便後は水またはお湯で洗うことをおすすめします。ただし、洗いすぎは痒みをおこして逆効果になりますので、洗いすぎには気をつけましょう。石鹸を泡立てて、撫でるように洗いましょう。

便秘・下痢は禁物!

便秘・下痢は禁物!便秘によって、排便時間が長くなることや、強いいきみをくり返すことで、肛門部(内痔静脈叢)にうっ血が起こって痔核が大きくなり、外に脱出するようになります。また、便秘で便が硬く、太くなることで排便時に肛門部に傷がつき裂肛や肛門潰瘍の原因となります。
一方下痢は、肛門陰窩(肛門と直腸のつなぎ目にある窪み)に炎症を起こさせ、肛門周囲膿瘍や痔瘻の原因となります。また、下痢や軟便が日常化すると、肛門括約筋の動きが悪くなり、普通の便通でも肛門に傷がつき、裂肛や肛門潰瘍、肛門狭窄の原因となります。

座りっぱなし、立ちっぱなしは控える

座りっぱなし、立ちっぱなしは控える長時間、座りっぱなし、立ちっぱなしでいると、肛門周辺への負担が大きくなります。肛門部(内痔静脈叢)にうっ血をきたし、痔核が悪化しますので、2時間に一回は姿勢を変えるようにしましょう。デスクワークで座りっぱなしの人は、立ち上がって背伸びをするだけでも効果があります。作業の合間に歩いたり、ドーナツ型のクッションを使ったりして肛門への負担を減らしましょう。

お酒や辛子などの刺激物はほどほどに

お酒や辛子などの刺激物はほどほどに辛子やコショウなどの香辛料は適量なら問題ありませんが、唐辛子は香辛料のなかでも体内に吸収されにくいので便に残りやすく、肛門部(内痔静脈叢)を刺激し、うっ血をきたします。
また、アルコールの摂取量にも注意が必要です。お酒を飲みすぎると血管が拡張し、血液量が増えます。肛門付近の血管は細いため、急に増えた血液量に対応できず、うっ血して痔を悪化・発症してしまいます。アルコールや刺激物はほどほどに抑えて取りすぎないようにしましょう。

排便時にいきみすぎない

排便時にいきみすぎない完全に便を出しきろうといきみすぎないようにしてください。強くいきみをくり返すことで、肛門部にうっ血が起こり痔核が大きくなり、外に脱出するようになります。顎を少しあげて、口を半開きにして排便すると、肛門括約筋が開きやすくスムーズに排便できます。

それでも痔になってしまった人へ

生活習慣で気をつけていても、痔になってしまうことがあります。何よりつらさを我慢することは症状の悪化につながってしまいます。まずはお気軽に私たち八王子クリニックへご相談ください。

診療時間のご案内

診療時間
午前10時〜12時30分 ○ 休み ○ ○ ○ ○ △ 休み
午後16時〜19時 ○ 休み ○ ○ 休み ○ △ 休み

の診療時間は17時30分までとなります。
△ 第2・第4日曜日は休診いたします。

診療日のご案内

Calendar Loading

は休診日

ご予約・お問い合わせ

TEL

八王子クリニック本院

  • facebook icon
  • twitter icon
  • q-life icon