痔の日帰り手術について

メインイメージ

痔の日帰り手術 年間約1,300件
累計25,000件を超える実績

1995年から26年間にわたり痔の日帰り手術を行っております。
年間約1,300件の手術実績、累計件数は25,000件を越えました(2022年1月現在)。
術後は24時間365日対応をしています。

痔の日帰り手術について

日帰り手術ができる訳

医師手術で入院が必要となる原因は、術後の「痛み」と「キズの安静」です。この2つの課題を解決するため、当院ではCO2レーザー手術を行っています。
「痛み」を左右する因子は手術中の止血操作で、いかに出血させないかが重要です。レーザー手術なら出血は少量です。
次に「キズの安静」ですが、レーザー手術はキズの腫れが少ないので落ち着いたキズの状態になります。
※当院は26年間で約25,000人を超える手術を行ってきましたが、翌日より働いたことが原因となる出血は発生していません。

痛みの少ないレーザー手術

レーザー手術CO2レーザーのメリットは ※1 フォーカスビーム と ※2 デフォーカスビームを巧みに使うことにより、侵襲の少ない手術ができることです。手術時の出血もほぼ無く、手術後の傷の腫れや痛みを抑えられます。

※1 フォーカスビームとは、焦点があった光線です。正常組織を痛めず病変部を鋭角に切ることができますが、止血の能力は少ないのが特徴です。
※2 デフォーカスビームとは、焦点のぼけた光線です。組織を多少痛めますが、止血の能力が高いのが特徴です。

手術の流れについて

日帰り手術当日の流れですが、まずは手術着に着替えていただいて、仰向けに寝ていただきます。点滴をして、次はうつ伏せになって、「仙骨硬膜外麻酔」を行います。 尾底骨の少し上のところに約15ccの麻酔薬を注射します。10分程度で効いてきますが、麻酔中に歩けなくなったりはしません。また、腰椎麻酔のように手術後に頭痛が起こることもありません。 手術は「くの字にうつ伏せ」(ジャックナイフ体位)で行い、手術時間は15分~30分程度です。麻酔により触られている感じだけで、痛みはありません。
手術終了後は歩いて個室に戻ることができます。3〜4時間ほど休んでいただいた後、帰宅していただきます。術後は翌日、1週間後、3週間後にご来院していただき、経過を観察します。

受付時間のご案内

診療受付
午前10時〜12時30分 ○ 休み ○ ○ ○ ○ △ 休み
午後16時〜17時30分 ○ 休み ○ ○ ○ ○ 休み 休み

△ 日曜日の診療は第1・第3日曜日の午前

診療日のご案内

Calendar Loading

は休診日

JRロゴJRロゴ八王子駅」からのアクセス

八王子クリニック 地図

八王子クリニックは、JR八王子駅より徒歩6分。胃腸科、肛門科、小外科、皮膚科の診療を行っています。肛門科では痔の日帰り手術、小外科では粉瘤、脂肪腫、巻き爪、ホクロ、イボなどの日帰り手術に力を入れております。東京都八王子市の方はもちろん、その周辺(日野市、立川市、相模原市、町田市、国分寺市、武蔵野市、小平市、小金井市、多摩市、調布市、三鷹市、府中市)の方々もお気軽にご来院ください。

※八王子クリニック本院に駐車場はございません。お車でお越しの方は近隣のコインパーキングをご利用ください。

  • facebook icon
  • twitter icon
  • q-life icon